ふみの日記

ベルマーレの事、他のスポーツの事とか。

想いはいつまでも。

お疲れ様でした。

 

「勝てた試合だった。」

 

「チャンピオン相手によく戦った。」

 

俺も両方の感情が振り子みたいにがんがん振れてる。そんな帰りの電車内です。

 

さて。

今日の試合、正直な所山根視来がずっと足かせになっていたと思います。

 

そのみんなの雰囲気が最前線に立っていた自分にも背後から強く感じました。

 

前半で代えるべきとか。

やっぱりJ1では通用しないとか。

 

多分みんなそういう様に感じていたのかなと思いました。

 

ただ。

 

あの天馬の同点ゴール。

あのコーナーキック

それを獲得したミドルを放った選手。

 

それも山根なんですよね。

 

何が言いたいかというと

サッカーって案外そんなもんなんですよ。

 

あの場面で放ったミドル。

キーパーの前でハーフバウンドして一番取りづらくする。

 

あれは下手な選手じゃできないです。間違いなく。

 

サッカーっておもしれぇな。

そしてめちゃくちゃ難しいな。

 

そう感じた90分でした。

 

そしてもう1つ自分が自信を持って素晴らしかったと思う事。

それは90分途切れること無く歌い続けられたチャント。

 選手達の力に必ずなっていたとおもいます。

 

今日は素晴らしい一日だった。

 

また平日になりますが。鳥栖戦。

 

ホームでも同じ空気で選手を迎え入れていきましょう。

 

それでは!f:id:fumiSHONAN:20180302224540j:image