ふみの日記

ベルマーレの事、他のスポーツの事とか。

フットボールの神様

湘南ベルマーレユースが延長戦の末に横浜F・マリノスユースに勝利

 

簡単に書いたらこれで終わりかもしれない。

 

けどこんな一行ちょっとの文字じゃ表せないドラマが今日は小机であった。

 

相手は同じ神奈川県でも有数の強豪クラブ横浜F・マリノスユース

 

それに比べたら湘南なんて母体も小さいクラブ。

 湘南のスターティングメンバー。

 

f:id:fumiSHONAN:20171015181152j:image

試合が始まると序盤から湘南の得意な形でゴールに向かう。

 

前線の和田響稀に長短のパスを出して、和田の納めからボールを動かして相手の間を狙い続ける。

 

マリノスは前線に納められる選手が2人。そこにロングパスを出して納めを図る。それを湘南の八方怜央と植草宏友が弾き返す。

 

そしてコーナーキックから植草が先制点を決め1-0。

 

ただそこからはプレミアの強者マリノスがパワーを強める。

 

左サイドから立て続けに2点を失い2-1。

 

そしてこのまま前半終了。

 

 

正直一点差は感じられなかった。

 

マリノスの前線の強さは要所要所では発揮されていたがほぼほぼ八方を中心としたディフェンス陣が踏ん張り、2点で治った。

 

ただそれ以上に湘南攻撃陣が強く、後半必ず何か起こすのではないかとみんなが信じていた。

 

そして後半頭から高橋和希を投入し前線に厚みを持たせる。

 

そして左サイドから高橋和希が抜け出して同点

 

10分後にはショートコーナーから和田響稀が逆転ゴールを決める。

 

ラスト3分。ここで逃げ切りたかったがサッカーの神様はそう簡単には勝たせてくれなかった。

 

ラフトプレーでハンドの判定。PKに。

 

ゴールキーパー真田はボールに反応し、右手がボールに触れるもボールはわずかにゴール内へ。

 

そしてそのまま後半終了のホイッスルが鳴り延長戦へ。

 

一人一人がボールを押し上げる湘南とロングボールを前線の選手に当てディフェンスラインを下げようとする横浜。

 

お互いに少しづつ体力の消耗があり、延長前半は試合は動かず。

 

延長後半、湘南ベルマーレの攻撃陣の頑張りがついに身を結ぶ。

 

後半7分、ゴール前でクロスを待っていた和田に井上恵武からのクロスがくる。

 

そして振り抜いたボールはゴールに吸い込まれていった。

 

縦に縦に運んで行くひた向きな湘南サッカーに神様が微笑んでくれたような気がした。

 

Jユース杯のたかがちっぽけな一試合だったかもしれない。

 

けれど、仲間のプレーを後押しし、不甲斐ないプレーには鼓舞をしていたベンチ外の選手たちの頑張り。

 

ゴール後に両足が攣り交代した湘南のエース和田響稀の献身的なプレー。

 

そして今まで続けてきた湘南イズム。

 

全てが報われた、そんな気がした。

 

 

今日、一つだけ試合後に感じた事がある。

 

今、そこにあるサッカーを愛するのが本当のサポーターじゃないかなと僕は思った。

 

f:id:fumiSHONAN:20171015181226j:image

 

 

2017/10/15