ふみの日記

ベルマーレの事、他のスポーツの事とか。

思えば遠くへ来たもんだ

はい。試合でも何でもない日の更新です。最近運動不足気味のふみです。

 

今日ちょっとした記事がTwitterJリーグサポーター界を賑わせました。

それがこちら。

【第97回全日本天皇杯サッカー選手権大会3回戦 会場決定を受けて】
株式会社いわきスポーツクラブ
代表取締役 大倉智

https://cards.twitter.com/cards/18ce54asy2o/4g2bs

 

https://twitter.com/iwakifcofficial/status/878120093569253376

 

まぁ湘南の方なら何となく分かるかも知れません。はい。い〇きFCのサイトです。

 

この記事は天皇杯3回戦の試合(清水エスパルス×いわきFC)の試合会場がIAIスタジアムになったことへの意見文なんですね。

 

今回の天皇杯はカテゴリーが下のクラブを優先的に開催スタジアムが決められるという事なんです。(磐田×湘南は湘南の方がカテゴリが下なのでBMW開催になりました。)

 

それなのにいわきはスタジアム、設備的問題で清水のスタジアムでの試合となってしまった。

それについて色々な面から書かれています。

 

【第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 試合運営要綱(抜粋)】
(1)J1クラブが出場する試合:15,000人以上(原則)収容できること。
(2)ラウンド16以降の会場では、必ず照明装置が設置されていなければならない。
(3)付帯設備スコアボード(3回戦以降は原則として、大型映像装置であること)。
(4)ピッチは天然芝であり、原則として縦長105m、横幅68mであること。

 

大きく分けて4つのものにいわきは意見を述べています。


(1)福島県には、15,000人収容のスタジアムが存在しません。そのため「試合を下位チームのホームで実施する」という普及の観点と、「J1規模の15,000人収容のスタジアムが必要」という要件の整合性がありません。平日のナイターゲームであることを考えても、「15,000人以上収容のスタジアムでの開催」を条件とすべきではないように思えます。

 

↑まぁ確かにそう。平日ナイターで15000のキャパは流石にいらないんじゃ…と自分も思います。 @tttalb_j1さんのツイートを引用させていただきますが

https://twitter.com/tttalb_j1/status/877533839022710785 

f:id:fumiSHONAN:20170623164943j:image f:id:fumiSHONAN:20170623164959j:image

 まぁ多くても10000前後のキャパ、せいぜい3000超えればいいという感じの雰囲気はありますよね。

 

そして次の部分。

 

(2)福島県には現在、ナイター設備を持つスタジアムがありません。今回の清水エスパルス戦はラウンド32のためナイター設備は絶対条件ではありませんが、可動式のナイター設備を使用するなど、検討の余地はあったことが悔やまれます。

 

これは少し微妙な部分もあると思います。

福島県内にナイター設備のあるスタジアムが無いのは事実、だからといってこの試合のみ13時,14時開催にするのも…と思いますし、可動式のナイター設備もラウンド32に進出が決まって翌日のスタジアム決定。昨日の今日で用意できるほどなのか?と思いますね。

 

そして

(3)スコアボードについては、試合運営や演出という観点では、スタジアムに付帯されている方がいいでしょう。しかし、試合を行う上で「絶対にスコアボードがなくてはいけない」とはまでは思いません。

 

これも…笑

個人の感想ですが試合にはスコアボードが無くてはならない存在と思います。「そんなの無くても試合は出来るんだからやらせろ!!」って大きな声で言われたら…はい。ええ。

 

 

(4)天然芝のグラウンドでの試合開催は、果たして「絶対条件」にふさわしいでしょうか。昨今の人工芝は改良が重ねられ、プレー感覚は天然芝と変わりがなく、雨の多い日本では高い利便性を発揮します。また女子W杯カナダ大会を始め、海外での使用実績も多くあり、世界では人工芝のスタジアムが急速に増えている現状もあります。

 

何とも難しいですね。芝問題。

これからハイブリッド芝という人工・天然の混合芝が主流になってくるとは思っています。

ノエスタ日産スタジアムなどではハイブリッド芝にするという構想が上がっていますしね。

でも今の基準でいうと天然芝基準ですし『天皇杯だけ人工芝をOKにしろ』ってそれは無茶じゃね?って思うんですが。。。

 

はい。そして最後はこんな感じで締められてます


いわきFCが作られた目的。それは「スポーツ(サッカー)を通じて、いわき市を東北一の都市にすること」です。スポーツは人々に勇気を与え、さらには人を育てる力を持っています。若い選手や子どもたちが頑張る姿に人は感動し、共感し、それを明日への活力へと変えていきます。これこそがまさしく、スポーツの本質です。だからこそ、いわきFCの選手たちが清水エスパルスという強敵に勇敢に立ち向かう姿を、いわき市福島県そして東北地方の子どもたちに観てほしい。私たちにはそんな想いがありました。

 

まぁ確かにそうですよね。J1の試合は去年、ナビスコカップ【湘南×神戸】を福島県で初めて開催したくらいなんですよ。それだけに福島の子供たちに試合を見せたかった。その気持ちはよく分かります。

 

私たちは今回の試合会場に関し、異議を申し立てるつもりはありません。日本のスポーツ界、サッカー界の発展のために必要なことは何かを考え、議論する一つのきっかけにしていただきたいと思い、書かせていただきました。そしてこれを機に、日本サッカー界の発展のため、福島県サッカー協会とともに、さまざまな提言を行ってまいりたいと思います。

引き続き、いわきFCへの温かいご声援をよろしくお願い申し上げます。

株式会社いわきスポーツクラブ
代表取締役 大倉智

まぁ長々と綴ってあるのですが。

 

これって社長の意見文…?

クラブとしての意見文…?

 

クラブとしてなら公平的に考えなきゃいけないのにクラブでこんな事を書くなんて。誰が書いたんだ?と問題にはなりますし、大倉氏の代表としての意見だとしても「これって立場上中立的にいなきゃいけない社長が言ったとしたら色々とめんどくさい事にならない?」って思うんですよ。

 

あくまでもクラブとしては従わなきゃいけないのにサッカー協会にこんな感じで楯突くような言い方していいの?って思うんですが。

 

そこまでの心配は…まぁいいでしょ(笑)

 

 

 

……彼に対して湘南サポとしては色々と思う事があるんですけどね!!!

 

はい。そんな感じのお昼過ぎでした。

 

それではまた!